フジイブログ

色彩楽園主宰フジイのブログです。

おめでとう!新しい世界へ!

 春になりました。あちこちで花が咲き始め、新芽や新しい葉が顔を出しています。
みんなまだ小さいけれど、とても大きなエネルギーがぎっしり詰まっていて、エネルギーをおすそ分けしてもらっている気分です。


さて、この春も小学6年生たちは卒業制作を完成させました。
毎年、チャレンジしてもいいし、しなくてもいいと話します。
6年生になったときから卒業制作を意識していたKさんは2学期に入って計画を立てたときから、あれこれ考え、悩んでいました。絵でも立体物でもいいこと、テーマはアニメでも何でも好きなものでいいこと、途中で計画を立て直すこともOKなことなどを話すと、好きな漫画にしたいと決めました。
「鬼滅の刃」は昨年とても話題になり、映画も大ヒットしましたが、Kさんは、この漫画が週刊誌で連載が始まった頃からのファンで、「描きたい」気持ちは大きかったようでした。


fullsizeoutput_5bこれは、だいたいの6年生がそうなのですが、制作の計画を立てたときには、「これだけ時間があればだいじょうぶ」と思うようです。
しかし、いざスタートすると、イメージしていたよりは多くの手間や時間が必要なことが次第にわかってくるので、途中で「間に合わないかもしれない」と大きな不安に襲われます。
Kさんも計画表を見て「だいぶん遅れてる」と少し不安を感じたときもありましたが、再度計画を見直して「次にここまでいけなかったら、持って帰って宿題にする」と新しい見通しを持ちました。
完成後も振り返って「計画していた時に思っていたことの5倍は大変だった...」と書いています。

また、Uくんもアニメのキャラクターを4点完成させました。
Uくんがこれらを描き始めたのは5年生の11月。実に一年四ヶ月に渡る作品です。
描き始めたころは卒業制作とは考えず、今までも描いていたポケモンを描き始めました。
Uくんにすれば、「久しぶりにポケモン描こう」というような気持ちだったと思います。

ところが、描いていくうちにキャラクターの配置や重ね方、バランスなどをしっかり考えて画面を構成するようになりました。6年生の2学期くらいからは、それらを考えることが、より楽しくなってきたようで、毎回とても集中して取り組みました。


もう一つ、Uくんがとてもていねいに取り組んだのは色の選別です。
90色の色鉛筆の中から、近いものを選び、必ず試しぬりをしてから色を決めていました。
90の色があると慣れないうちは却って選びにくいところもあるのですが、Uくんは決して手を抜かず、
そのていねいな色選びは完成するまで続きました。
そして、最後にペンを入れましたが、Uくんもまた時間との勝負を迫られました。黙ったまま、とにかく夢中で描いていたのですが、その姿はもう近づくことさえ憚られるような迫力に包まれていました。
 


U卒制2020
 

KさんもUくんも、長い間まっすぐに作品と向き合い、自分自身と向き合いました。チャレンジを繰り返して、よりパワーが反映されたものを完成させようという気持ちがわたしだけでなく、同じ場にいた子どもたちにも伝わっていたようでした。

また、絵を描く方法や技術だけでなく、自分自身についても多くの新しい気づきがあったようだし、それをしっかりと受け止めて、大きなステップを自分の力で上がりました。

 春に迎えた新しい環境は、子どもたちを一段と大きくします。はりきりモードの4月、たくさんのチャレンジがありますように。 


3月のあおぞらレポート

「あおぞら」のスタートを待っていたのは
3月は毎年「あおぞら色彩楽園」の開幕の月です。
「あおぞら」は、26年前に阪神大震災で被災した子どもたちのケア活動をするために出張の「おえかきやさん」として誕生し、それ以降ずっと続いているボランティア活動です。
昨年はコロナの影響もありましたが、密を作らないよう入場制限をして、参加者の距離が保てるようにアートスペースをつくりました。
毎年、冬の間は公園でのおえかきをお休みして、画材や備品の管理をしたり、ボランティアスタッフの研修をして、春の再開に備えます。
3月は、ようやく子どもたちに会えることもあって、スタッフ全員いつも心待ちにしていますし、子どもたちも保護者の方々も「待ってたよ!」と公園に集まってくれます。
そう、3月は開幕の月です。

ところが、今年はなんと春の嵐がやってきて、前夜から雨。
「あおぞら色彩楽園」は滅多に雨が降りません。26年を振り返ってもごくわずかです。
前日に雨の予報でも当日はウソのようにしっかり晴れるし、東日本大震災後に福島県に出張した時は、特別警報が出ていたにもかかわらず、開始から30分後には雨が上がって青空が出ました。

なのに、なのに、今年の開幕は雨だったのです。

いつもなら、雨のときは屋内で開催することにしていますが、昨年からのコロナ対策のため、それもできません。
あおぞらスタッフ全員、本当に張り切っていたのに、こればかりはどうしようもありません。
泣く泣く雨のため中止のお知らせを出しました。

すると、お二人の方から「工作材料を持って行こうと思ってたんですが・・」と電話が。
お二人とも、いつも色彩楽園の活動を応援してくださっている、サポート会員です。
ようやく再開なので、工作材料を持って行けると思って楽しみにしていたと聞いて、「再開を楽しみにしていたのは参加者やスタッフだけじゃないんだ」と驚いたし、ありがたかったし、「あおぞら」を後方で支えてくださっている方々のことを改めて想いました。

しかし、驚いたのは、これだけではありません。
お昼を過ぎて、 「雨さえなければ、もうすぐ今年最初の「あおぞら」が始まっていたのに」と思っていたら、また電話が。
電話をくれたのは、おおっ!なんと、Yくん!

CIMG1352-small-378Yくんは、2歳のころから「あおぞら」に遊びに来てくれていました。
絵の具を楽しんでいた姿は今も微笑ましく、鮮やかに思い出せます。
小学生になると、ボランティアキッズとして大活躍して、スタッフはみんなとても刺激を受けました。
そんなKくんが4月から関東の大学に進むので挨拶に行きたいと思って、と言ってくれたのです。
もう嬉しくて涙が滲むような想いでした。

すっかり大人の声になっていて、 それにも驚いたけれど、Yくんが「あおぞら」のことを覚えてくれていたのは本当に嬉しく、そしてしっかりと大人の言葉使いも頼もしく、ついさっきまで感じていた、残念でやりきれない想いは、あっという間にどこかへ吹き飛びました。

「あおぞら」が雨のために中止になったことをYくんも残念がってくれました。
誰かが一緒に残念がってくれる、喜んでくれる、悲しんでくれることは、いつも心を元気にしてくれます。
Yくんは「じゃあ、夏休みに神戸に帰ってきたら遊びに行きます」と言ってくれました。
あまりに嬉しかったので、Yくんのことをすぐにスタッフたちに連絡すると、やはり、みんな大喜び!
 Yくんを知っているスタッフは、もう大学生になること、そして「あおぞら」を大切に思ってくれていることを喜んだし、知らないスタッフも2歳からきていたYくんが今も「あおぞら」のことを思ってくれていることの意味の大きさを感じてくれました。

Yくん、大学生になったらまた楽しいことがたくさん待っていると思うけど、神戸に帰ってきたときはぜひ、「あおぞら」に遊びにきてください。
スタッフみんな待ってるよ! 

アトリエのドア

外に出ても、背中を丸めずに歩ける暖かい日が続くようになりました。あちこちで少しずつ花が咲き始めて、新しい季節が始まろうとしていることを感じます。
春、特に3月は別れの季節です。子どもたちは慣れ親しんだ環境から巣立って、新しい環境について不安と期待が入り混ざった気持ちで想像を膨らませているでしょう。馴れ親しんだ場や大切な人たちとの別れは、とても寂しいものですが、その先には新しいドアが待っ
ています。

子どもたちは、このドアをいくつも開けて前に進みます。ドアを開ける力、つまり新しい世界に飛び込む、とても大きな力を持っています。そして、飛び込んで、あっという間に新しい世界を「今の世界」にしてしまいます。
春を迎えて草木がぐんぐん大きくなるように、子どもたちもまた、ぐんと成長した姿を見せてくれます。

アトリエのドア

クラスに来ていただいている方はご存知の通り、アトリエのドアにはとても古いタイプのドアノブが付いています。肘を中心にして身体に対して水平に回さないといけないものです。
アトリエが今の場所に移転したのは2004年、今から17年前、このころから10年くらいは全く気にならなかったのですが、ここ数年、このドアノブをなかなか回せない子どもが増えたように思います。
なぜなのでしょう?


いちばんの理由は、このタイプのドアノブがとても少なくなったからでしょう。つまり、子どもの生活の中に、こうした動作が必要な場面が減っていることが原因でしょう。
ユニバーサルデザインの普及により、どこのドアも誰でも開閉できるように変わっています。
また、子どもたちがアトリエに入って来て、まず手を洗う流し台の蛇口も同様です。

今はコロナウィルスの影響もあって、手をかざすだけで水がでるタイプの蛇口も非常に増えました。中には蛇口先端の吐水口に手をかざして、じっとしている子どももいます。
さすがに小学生は蛇口を回すことを知っていますが、ドアノブと同様、「ひねる」動作がスムーズでない子どもは増えたように思います。

しかし、発達障害をもつ子どもの中にはドアノブを回すような動き、つまり急須でお茶を入れるとか、料理をお皿に移す時にフライパンを傾けるような動きが苦手な子もいますので、単に経験不足だけが理由ではないことも確かです。

過去にはドアノブを取り替えることも考えたこともありますが、今はすっかり少なくなった、この動きを経験する機会をわざわざ奪うこともないと思って、そのままにしていますし、ドアは幸いガラス戸なので、ドアノブを一生懸命動かそうとしている子たちには、まずは中から「回してごらん」と声をかけています。


お父さん、お母さん方、一度アトリエのドアを開ける子どもたちの動きをじっくり見てみてください。
もし、経験不足からくるものであれば、この動きを経験できるチャンスと捉えて、ぜひ、ノブを回すことにトライさせてあげて欲しいと思っています。
ノブをひねる動作は、大きく分ければ細かいコントロールです。様々な種類の動きをたくさん経験することが動きに関する神経の道をたくさん作ることにつながり、道がたくさんあるほど細かいコントロールが滑らかになっていきます。


子どもはいくつものドアを自分で開けて、自分の道を前に進みます。
アトリエのドアも子どもたちの多くは、いずれ自分でドアを開けるでしょう。経験を積んで「できるようになる」ことも新しい世界です。

経験したことのない楽しさや喜び、ワクワク、充実感や達成感がいっぱいの新しい世界が子どもたちを待っています。 

fullsizeoutput_e9
 
ギャラリー
  • おめでとう!新しい世界へ!
  • おめでとう!新しい世界へ!
  • 3月のあおぞらレポート
  • アトリエのドア
  • ありがとう雨雲、そして太陽
  • ありがとうございます。色彩楽園26周年
  • ありがとうございます。色彩楽園26周年
  • グリーン・パワー〜ヒトと緑の再生力
  • グリーン・パワー〜ヒトと緑の再生力
プロフィール

ふじいまさこざる

阪神大震災後の子どものこころのケアが色彩楽園の始まりです。当時出会った子どもたちは「こざるー!」と呼んでくれていました(^-^;

  • ライブドアブログ